胸 大きい 小さい 違い

胸が大きい人と小さい人の違いって?

 

胸が大きい人と小さい人の違いとは

 

世の中には胸の大きい女性と小さい女性がいます。
いわゆる平均的なバストサイズの女性もいますが、多くの女性が自分の胸に何かしらのコンプレックスを抱いています。

 

一時期メディアの影響で、「巨乳ブーム」なるものが到来しましたが、当時は「巨乳=頭が悪い」イメージが横行していました。
さすがに今ではそんなことはありませんよね。巨乳で高学歴な女性タレントも多数活躍しています。そういう意味では本当にメディアって怖いですよね。

 

さて、男性の多くは胸の大きな女性を好む傾向にありますが、これはれっきとした統計があります。

 

気にする気にしないは別として、バストサイズが平均未満の女性は胸にコンプレックスを抱いている傾向があるようです。

 

ブラを着けなければ胸がぺたんこ、水着なんてとてもじゃないけど着れない、なんて女性も多いはずです。

 

胸が大きい女性と、胸が小さい女性、なぜここまでバストサイズに違いが出てしまうのでしょうか。

 

遺伝や体質でしょ?なんていう女性も大半を占めるかもしれません。
体の大きさや骨格などは少なからず遺伝は関係しています。ですが、胸の大きい小さいなどの違いは実は遺伝や体質などはあまり関係していません。

 

姉や妹、母や祖母の胸が大きいけれど、自分は胸が小さいのはなぜ?と悩んでいる人も多いんです。本当に遺伝が胸の大きさに関係しているのであれば、貧乳で悩む必要などないはずですよね。

 

それでは、胸の大きい女性と小さい女性の違いを見てみましょう。

 

成長期における女性ホルモンの分泌量

 

まず胸が大きくなる仕組みは、女性ホルモンが分泌し、エストロゲンが活性化して、乳腺が刺激されて胸が大きくなります。

 

本来、思春期にはこの女性ホルモンがドバドバ分泌するはずなのですが、睡眠不足やストレスなんかで女性ホルモンがあまり分泌されずに、胸が小さいままという女性はかなり多いです。
逆にいうと、人間関係のストレスなどに悩まされずに、成長期にバストアップのゴールデンタイムとも言われる午後10時〜午前2時の間もしっかりと睡眠をとっていた女性の多くは胸が大きい傾向にあります。
これは科学的な根拠の上に統計でも証明されている事実です。

 

人間は本来、朝起きて、夜寝るようにできています。
人の体もそれに合わせて成長するようにできているのです。

 

生活習慣の乱れは、貧乳を作り出す原因になることは肝に銘じておきましょう。

 

バストアップに必要な栄養の摂取

 

胸の大きい女性と胸の小さい女性の違いとして、栄養バランスのとれた食事から目を背けることはできません。

 

胸の大きな女性は、やはり成長期である10代や20代には、バストアップに必要な栄養素をしっかりと摂取しています。
世間一般的に、栄養バランスのとれた食事というのは、本来人間が健康に成長していく上で必要な栄養素をバランスよく含んでいます。

 

当然成長期に推奨される食事も、バストアップに必要な栄養を含んでいるわけです。

 

胸の小さい女性は過去を振り返ると、ご飯の代わりにスナックを食べたり、甘いものばかり食べていた記憶はないでしょうか。
確かに成長期なので、間食がやめられない気持ちはわかりますが、バストアップに必要な栄養素が含まれていなければ、まず胸は大きくなりません。

 

唐揚げがバストアップに効果的!なんて都市伝説じみた話を聞いたことありませんか?
これは都市伝説ではありません。

 

実は唐揚げにバストアップに効果があるのではなく、鶏肉に含まれている栄養素にバストアップ効果があるのです。
豆腐、納豆、豆乳、おから、きなこ、豆乳などの大豆製品や、ボロンを含むキャベツなんかも有効です。

 

これはほんの一例です。あくまでこういったものをバランスよく食べていた人に巨乳が多いということです。

 

最近だと、ダイエットをする女子も増えてきてますます貧乳女性が多くなる傾向にあります。
ダイエットなどは自らバストへの栄養を遮断する行為なので、絶対にやめましょう。

 

バストアップのための運動

 

胸のほとんどは脂肪ですが、バストアップには胸の筋肉は必要不可欠です。
胸の筋肉がなれければ、だらんと垂れた胸になってしまいます。

 

胸は内側から成長していくため、運動をしただけでは胸は大きくなりませんが、キレイな形のバストを形成するためには、胸の筋肉は必要不可欠です。

 

テレビや雑誌で活躍しているグラビアアイドルやモデルは例外なく、筋トレを行っています。よくテレビでも特集が組まれていますよね。

 

彼女達のような美ボディに近づくためにも、適度な筋トレをして胸の筋肉は落とさないように普段から心がけましょう。

 

そして、運動するにあたって気をつけることがあります。
それは自分のバストサイズに合ったブラジャーを身に着けることです。ブラをつけないで運動を行うと、胸を支えているクーパー靭帯が切れてしまい、胸が垂れる原因にもなるので気をつけましょう。

 

正しい位置で正しいサイズのブラジャーを着けて運動する。胸の大きい女性の多くが行っていることです。

 

 

 

以上のように、胸の大きい女性と小さい女性の違いは、目に見えない努力にあることがわかったでしょうか。
遺伝や体質などという単語は、胸の小さい女性がする言い訳にしか過ぎません。

 

胸が大きい女性は、規則正しい生活習慣、バストアップに必要な栄養素を含んだバランスの良い食事、そして自分のサイズに合った正しいブラジャーをつけた運動、これらをバランスよく行っているのです。

 

ですが、成長期を過ぎた今、彼女たちが行ってきた方法を実践しても、同じような効果は得られません。彼女たちは思春期である女性ホルモンが多く分泌されていた時期にこういった努力を行っていたからです。

 

彼女たちと同じステージに立つためには、思春期のような女性ホルモンが多く分泌される状態を体の中に作ってあげる必要があります。
そのためには、バストアップサプリを摂取し女性ホルモンの分泌量を増やした上で、こういった運動や食事、生活習慣を改めると良いでしょう。

 

20代、30代、40代からでも胸を大きくすることに成功した女性は数え切れないほどいます。
胸の成長を促進し、なるべく短期間でバストアップするためにはこういった努力は惜しまないほうが良いでしょう。

 

運動はバストの血流をUPさせますし、胸は寝ている間にしか成長しませんし、胸を成長させるためには栄養バランスのとれた食事は必要不可欠です。

 

思春期を終えたハンデはあっても、バストアップサプリはそのハンデを埋めることができる女性のためのサプリメントです。

 

ぜひ、今日から始めてみましょう。

 

短期間で即効性のあるバストアップサプリはこちら⇒

 

バストアップコラム