バストアップのメカニズム

 

 

バストアップのメカニズムを知って効率よくバストアップしよう

 

バストアップサプリ 口コミ

 

多くの女性が目指す理想の体型はメリハリのあるボディラインです。

 

ムチムチボディや豊満ボディなど、憧れの理想体型は一人一人異なるでしょうが、やはりくびれのある引き締まったウエストに肉付きのよいおしり、上向きで張りのあるバストは、男女問わず誰もが魅力的だと感じる体です。

 

胸の小さい女性から見れば、胸が大きすぎる贅沢な悩みを抱いている女性もいますが、理想的なバストサイズは、小さすぎず大きすぎないほど良い大きさの胸に落ち着くようです。

 

胸の90%は脂肪で成り立っていますから、胸を大きくするためには脂肪をつけることは、まず第一に考えなくてはいけません。

 

じゃあ胸を大きくするには一度太る必要があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その必要はありません。
実際、貧乳からくびれのある豊満ボディを手に入れている女性も数多く存在します。

 

ウエストを中心に体の気になる部位にはお肉をつけずに、胸にだけ脂肪をつける方法はあるのです。

 

胸だけに脂肪をつける方法じゃないと意味がない

 

バストアップサプリで成功した人

 

確かに太れば胸は大きくなりますが、ウエストまで太ってしまっては意味がないですよね。

 

これは同じ「胸を大きくする方法」でも、胸にだけ脂肪をつけるバストアップ方法とはまるで違います。

 

胸を大きくするにあたって、乳腺の存在は欠かせません。

 

乳房の内部には、乳汁(にゅうじゅう)分泌をおこなう乳腺(にゅうせん)があります。乳腺は乳腺葉(にゅうせんよう)と呼ばれるさらに小さい単位から形成されています。
さらにその隙間を満たす組織が脂肪組織で、これが乳房全体の丸みや大きさを形成しているのです。

 

一番活躍する時期といえば授乳期でしょう。授乳期には授乳のための準備のため、乳腺が発達しますよね。これが授乳期に胸が大きくなる理由です。

 

乳腺の位置は触ってみればわかります。指先でグリグリした感触がある部分です。
女性ホルモンであるエストロゲンが活性化され、乳腺が刺激されることで乳腺細胞が増加し胸が大きくなるのです。

 

胸の大きさはこれらの乳腺組織が10%を占めています。そしてこの乳腺組織を、コラーゲン線維の束(クーパー靭帯)が筋肉や皮膚に繋ぎ止めています。

 

さらにその周囲には脂肪組織(乳腺脂肪帯)が存在していて、これらを含めたバスト全体を大胸筋が支えているのです。

 

胸を大きくするには、バストを形成している大黒柱とも言うべき乳腺の発達、さらに乳腺を支えているクーパー靭帯の保護、そしてこれら全てを支えている大胸筋を強化していくことが重要となります。

 

バストを形成する組織のそれぞれの働き

 

バストの構造

 

乳腺

 

乳腺はバスト内部全体に広がっている、胸を形成する上で大切な組織です。
日本人や欧米人でもかなり違いますが、乳腺量には個人差があります。ただ、生まれつき乳腺量の少ない女性でも、思春期に女性ホルモンが潤滑に分泌されれば、自然と胸は大きくなります。

 

また成長期を過ぎた20代や30代でも、バストアップサプリメントなどで体内の女性ホルモンの量が増えれば、乳腺が増殖しバストアップに成功した事例は数え切れないほどあります。
40代や50代からでも胸は大きくなるのです。要は女性ホルモンをどれだけ分泌することができるか、なのです。

 

ちなみに女性ホルモンを大きく分けると、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、これら2つの女性ホルモンは乳腺増殖、乳腺発達のためにはなくてはならないホルモンです。

 

クーパー靭帯

 

クーパー靭帯は乳腺を支えている組織である「クーパー靭帯」。

 

バストが下垂する原因としては、

 

  • 日常生活における刺激
  • 激しい運動
  • 妊娠・授乳
  • 加齢によるホルモンバランスの変化

 

が挙げられます。それによりバストが柔らかくなり、バスト自体の重さや揺れなどのダメージが蓄積されて、「クーパー靭帯」に負荷がかかってしまうのです。

 

伸びてしまうならまだしも、最悪クーパー靭帯が切れてしまうこともあります。
クーパー靭帯が切れると元には戻らないので、大切な胸を守るという意味でも激しい運動は控えましょう。

 

これらの外的要因からバストをサポートする意味でも、自分のバストサイズにあったブラジャーの着用はとても大切といえるでしょう。

 

より多くの女性が、胸の仕組みやバストアップのメカニズムに興味・関心を持ち、美しいバストをキープするための正しいバストケア方法を実践することが、胸の垂れを防止することに繋がるのです。

 

大胸筋

 

最後にバストアップを成功させる上で大胸筋を適度に強化することはとても大切なことです。

 

大胸筋は、バスト全体を支えているわけですから、ここが弱まるとバスト全体を支えきれなくなってしまいます。

 

胸が垂れる、形が悪くなる、胸が小さくなった、萎んだ、胸に張りがなくなった、など自覚症状がある人は、大胸筋が衰えてきている可能性があります。

 

日常生活において、自然と大胸筋が鍛えられることはまずありません。
やはり美しいバストを形成し維持していくためには、腕立て伏せなどで、意識的に大胸筋を鍛えていくが大切です。

 

バストアップのメカニズムから学ぶ正しいバストアップ方法

 

胸を大きくする方法

 

さて、ここまでバストアップのメカニズムについて解説してきましたが、如何だったでしょうか?

 

バストアップの仕組みを知る事で、そんなに胸を大きくすることって難しくなさそう!と思っていただければ幸いです。

 

ただ単に胸に脂肪をつけるってなると、え?どうすればいいの?と戸惑ってしまうかもしれませんが、乳腺を刺激し発達させるために女性ホルモンのバランスを整える。

 

誰もが憧れる美しいボディラインを形成するために、自分のバストサイズにあったブラジャーを着用する。そうです、クーパー靭帯を保護するためです。

 

そして常にバスト全体を支えている大胸筋を強化してあげる。

 

これだけ押さえておけば、バストアップはそれほど難しくはないと実感できるはずです。

 

胸を大きくする食べ物や、バストアップエクササイズばかりに目がいきがちですが、ホルモンバランスを整えて、バストアップしやすい環境を作ってあげることが、短期間で胸を大きくすることに繋がるのです。

 

バストアップサプリは体に不足している女性ホルモンを補うのに非常に有効ですし、また乱れたホルモンバランスを整える効果もあります。

 

  • バストアップサプリ
  • ブラジャー
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 規則正しい生活習慣
  • 軽い運動

 

今日から始められることは沢山あります。
ぜひ、理想のボディラインを手に入れてください。