バストアップサプリは飲むと太る?

 

バストアップサプリを飲むと太る?

 

バストアップサプリを飲んだら太るなんて口コミを見かけますが、実際のところどうなんでしょうか。

 

実はバストアップサプリを飲むと、女性ホルモンが活性化され、胸が成長しやすい状態にはなるのですが、その一方で思春期や成長期と同じような状態にもなるため、中には一時的に食欲が旺盛になってしまう人がいます。

 

実際のところ、バストアップサプリを飲むと太りやすくなるのではなく、バストアップサプリを飲んだことによって、食欲が増し、それによって食べ過ぎた結果、胸以外にも脂肪がついてしまう、その結果に太る、というのが理由です。

 

胸を大きくするということは、胸に脂肪をつけるということなので、ある程度は食べないといけないのですが、中には食べ過ぎてしまう人がいます。

 

普段から太りやすい人や、間食がやめられない、という人は、代謝を高める成分や、スッキリ&リフレッシュ成分が配合されたバストアップサプリをおすすめします。

 

とはいっても、過度の食べ過ぎはどんなダイエットをしていても太ってしまいます。

 

本気で胸を大きくしたいのであれば、間食を我慢するくらいの努力はしましょう。

 

他に、バストアップサプリを飲んで太ったという人の多くは、定められた規定量を超えてサプリを飲んでいたり、ということが挙げられます。

 

これは結構多いようで、女性ホルモンは女性らしい丸みを帯びたボディを形成する働きがあるため、サプリを過剰に摂取し過ぎると、バストだけでなく他の部位にもお肉がついてしまう原因にもなります。

 

以上から、バストアップサプリを飲んで太らないためには

 

  • サプリを飲んでいる間は間食を我慢する
  • サプリに記載されている規定量を守る

 

これらを守っている限り、バストアップサプリを飲んだことによって、大きく体重が増加するということはありません。

 

本来、バストアップサプリは女性ホルモンのバランスを正常に整えてくれる働きがあります。

 

正常なホルモンバランスの下では、普段私たちの脂肪細胞から出ている、食欲をコントロールするホルモンであるレプチン(「痩せる」という意味のギリシャ語が語源)が、満腹中枢に働きかけるため、バストアップサプリを飲み始めてから痩せたという人も多いんですよ。

 

このようにバストアップサプリは、飲む人の飲み方によって、太ることも痩せることもあるわけです。

 

女性ホルモンを味方につけて、ダイエット効果を得ながら短期間でバストアップに成功するためにも、サプリの過剰摂取は絶対にやめましょう。

 

胸にだけ脂肪つける太らないバストアップサプリはこちら⇒