授乳後に胸しぼむ理由って?

 

授乳後に胸がしぼむ原因はいくつかあります。

 

猫背

 

子供を抱っこした姿勢のまま授乳しているママさんはとても多いですが、腰を痛めるだけでなく、猫背気味になることで、リンパの流れが悪い状態へ導いたり、血管が圧迫されて血液の流れも悪くなるため、バスト全体へ栄養が行き渡りにくくなります。
乳腺に栄養が行き渡らなければ、当然授乳後に胸がしぼむ原因となっていまいます。

 

皮膚が伸びる

 

授乳中は胸が張って、巨乳になった女性も多いかと思いますが、これは妊娠による女性ホルモンの増加によるものです。産後に女性ホルモンが増加すると胸の皮膚が伸びやすくなります。

 

産後の胸は巨乳からまた元の大きさに戻りますが、この胸の伸びた皮膚は伸びきったままです。授乳後に胸はしぼむのに、胸の皮膚は伸びた状態をキープするため、見た目的には、産後の垂れた胸が出来上がってしまいます。

 

赤ちゃんのせい

 

ほとんどのママさんが意識することはありませんが、授乳中は赤ちゃんが乳首を下から吸い続けます。授乳期間中ずっとです。乳首は下向きに引っ張られますから、断乳・卒乳後には、かなりビロビロに伸びた乳首になっているママさんも多いのではないでしょうか。

 

そして乳首が引っ張られるということは、乳首を先頭におっぱい全体も下向きに引っ張られ続けていたということです。そんな状態が長く続けば、授乳後に胸がしぼむのは当然です。

 

間違ったブラを身に着けている

 

産後はホルモンの影響でバストアップするため、胸を圧迫しない下着を身に着けるようにすることが大切です。ノンワイヤーブラ、ブラキャミ、などは産後ママさんには人気ですが、垂れない、締め付けない、は基本になります。

 

ただ、自分の胸のサイズや形に合ったブラを選ばないと、胸の脂肪がブラの隙間から下や横から流れ出してしまったりすることもあるため、ショップでしっかりと試着してから選ぶようにしましょう。

 

こういった努力を授乳中に行わないと、授乳後に垂れ乳や離れ乳を作り出してしまう原因にもなるため、しっかりとしたバストケアが必要なのです。

 

胸の重さ

 

女性の象徴ともいえる胸ですが、この胸全体はクーパー靭帯というものによって支えられています。巨乳は胸が垂れる、とよく言われますが、実はこれは、クーパー靭帯が大きく関係しています。

 

クーパー靭帯は伸びる性質があり、最悪切れることもあります。ダメージを受けたクーパー靭帯は胸に良い栄養をサプリメントなどで摂りこむことによって、修復することができますが、ナイトブラをせずにバストケアしないまま巨乳を放置しておくと、重力によってクーパー靭帯は伸びてしまいます。

 

産後・授乳後は多くの女性が2カップアップ、3カップアップして胸が大きくなるため、このバストアップした状態は本人にとっては嬉しいものの、クーパー靭帯に負荷がかかっていることは忘れてはいけません。胸の重みを感じるのはクーパー靭帯が引っ張られているということです。

 

産後・授乳中に胸のケアをしてこなかった女性は、授乳後に胸が垂れてしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

プロラクチンの分泌の停止

 

授乳中は母乳が作られるため、胸がパンパンに張りますよね。この母乳を作るために、この時期になるとプロラクチンというホルモンが分泌されます。

 

簡単に言うと、母乳を作るためのホルモンなのですが、母乳が作られれば作られるほど母乳タンクは母乳で満たされるため、胸が張ります。ところが、断乳・卒乳を迎えると同時に、プロラクチンの分泌はピタリとなくなるため、母乳タンクは一気にしぼみます。

 

伸びきった皮膚はそのままビロビロの状態のまま、胸はしぼんで小さくなるため、おばあちゃんのような胸になってしまう若い女性も多いのです。

 

授乳後に胸がしぼむ対策

 

胸の皮膚の伸びと、授乳後に胸が小さくなる現象は、女性なら例外なく経験するため、授乳後に胸がしぼむのは自然な現象と考えても問題ありません。

 

もちろん授乳後の胸を戻すには、努力は必要です。数年後には元に戻ったという人もいますが、授乳後にしぼんだ胸を放置しておいたら、一生そのままだったというおばあちゃんもいます。

 

授乳後のしぼんだ胸を戻すのに、遅すぎるということはありません。断乳・卒乳から3年経過しても5年経過しても、人によっては10年以上経過していても、乳腺を復活させるのに必要な、胸に良い栄養を摂ることで、しっかりと乳腺は成長してくれます。

 

貧乳は遺伝や体質、なんて古い考えを持たれている女性もまだまだ多いですが、ほとんどの場合生活習慣が影響していることがわかっています。ただ、人によってはDNAが異なるため、加齢や産後に胸がしぼむスピードは個人差が大きく分かれます。

 

そして授乳後に胸がしぼみやすい女性に共通していることとして、乳腺の量が関係していることがわかっています。乳腺が多い女性は乳腺を保護する脂肪も多いため、比較的巨乳な女性が多いです。一方、乳腺が少ない女性は、胸の脂肪が多くてもこれらを支える乳腺(枝)が少ないため、胸が垂れやすかったり、胸が柔らかすぎて下や横に流れてしまう人の割合が多いようです。

 

授乳後に胸がしぼんだ人は、胸に脂肪を増やす必要があります。そのためには、その核となるおっぱいの枝(乳腺)を増やすことが一番の近道と言えます。

 

サイズの大きな、ハリと弾力のあるバストを取り戻すためにも、毎日胸に良い栄養を摂り続けましょう。