女性ホルモンの分泌量は一生の間でティースプーン1杯!?

 

健康と美に深く関わると言われている女性ホルモンはできれば潤沢に分泌してほしいものですが一生分の分泌量はなんとティースプーンたったの1杯と言われています。

 

しかも生まれてから死ぬまで十分に分泌されているわけでもないのです。

 

女性ホルモンは初潮を迎える思春期から分泌が盛んになります。

 

25歳前後でピークに達した後もしばらくは高い状態をキープします。

 

減少に転じるのは35歳頃で徐々に減少を続けた女性ホルモンは45歳前後を境に急激に減少します。50代前半で閉経する頃には分泌量はごくわずかになります。

 

ちなみに女性ホルモンの分泌量が急激に減少するのはホルモンを生成している卵巣の老化が原因です。

 

女性ホルモンの分泌が急激に下がると体がその変化に順応できず、めまいやほてり、倦怠感といった不調を引き起こします。これが更年期症状なのです。

 

本来であれば卵巣の老化以前に女性ホルモンに関連する不調が起こることはありません。

 

ですが最近は30代〜40代前半で更年期症状と似た不調に悩まされている女性が急増しているのは女性ホルモンのバランスが乱れているためです。
いわゆる若年性更年期障害と言われるものです。

 

女性ホルモンは貴重な物質ですから無駄遣いをせずにパフォーマンスを引き上げることが重要なのです。

 

特に成長期を終えると女性ホルモンの分泌はどんどん減少していくため、自力で分泌させることは困難です。
女性ホルモンの分泌量を増やす方法として女性に人気なのが、女性ホルモン様作用(女性ホルモンと似た働き)のあるプエラリア配合のバストアップサプリを毎日の生活に取り入れることです。

 

プエラリアには、大豆に含まれる大豆イソフラボンの40倍も含まれているため、豊胸成分がバストの奥深く隅々まで浸透します。ハリとツヤのあるバストとクビレのあるグラマラスボディを手に入れることができると、美しさに敏感な女性にとても人気のサプリメントです。

 

体に不足している女性ホルモンをサプリで補うだけで、女性は驚くほど美しくなれます。
プエラリア配合のサプリは、仕事や育児で忙しいという女性にもオススメできるボディメイクアイテムです。
時間もないしボディケア方法もよくわからない、という人は一度試してみると良いでしょう。その効果に驚かれると思います。