貧乳 死にたい

貧乳で死にたい人がいるってホント!?

 

ネットの掲示板には他人に相談できない貧乳の悩みを抱えている人たちの書き込みを数多く目にします。
一部を抜粋すると

 

  • 上半身だけみたら男か女か判断しづらいぐらいペタンコの貧乳で死にたい
  • 顔もブスだし貧乳で彼氏もできないし大学生だけど死にたい
  • まだ20歳なのに貧乳でしかも乳輪がデカい、デコルテもニキビ跡で汚いし死にたい
  • 貧乳のせいで性格まで暗くなって外見も内面も女としての魅力がないしもう死にたい
  • 背が低いし毛深くてガリガリ体型でしかも肌が濃い上貧乳もう自殺したい

 

このように、胸が小さい悩みを抱えている人は数えきれないほどいますが、人によっては心に抱える悩みの深さはそれぞれです。友達に貧乳の悩みを相談したところで、相手は自分ではないし気休め程度の答えしか返ってこないでしょう。

 

貧乳は遺伝ではないことは医学的にわかっており、母親や姉妹が平均バストサイズのCカップや、DカップやEカップなどのいわゆる巨乳であれば尚更その悩みは深いことでしょう。自分以外の友人や家族は巨乳なのでなのに自分だけ貧乳でこんなに苦しまなきゃいけないの・・・と悩んだところで胸の小ささの問題が解消されるわけでもなく現実は変わりません。

 

 

貧乳だとコンプレックスから行動範囲が大きく制限される

 

人によっては自分の境遇を恨み、夜な夜な自分の胸を殴り続けている人もいます。友達にプールや海、温泉に誘われても断り続け、貧乳がコンプレックスで彼氏ができないまま、私は一生結婚できないかもしれない、一生人並みの幸せを手に入れることはできないんじゃないか、と苦しんでいる人もいるのです。

 

胸の大きさは人間性にはまったく関係ありませんが、本能的に男性はCカップ以上の大きなバストサイズを好む傾向にあることは統計ではっきりとしています。
そのため、精神が未熟な思春期においては、クラスで男子にいじめレベルで貧乳をいじられて心に深い傷を負った、トラウマがある経験を持つ女性も多いことでしょう。

 

貧乳は心の病気

 

貧乳は体の病気ではありません。ですが貧乳で死にたいと願うほど苦しんでいる人がいることも事実。
言い換えるなら、貧乳は心の病気です。心の病気は自分で克服するしか方法はありません。

 

AAカップやAカップ、Bカップの貧乳でも笑って男女問わず好かれている人も周りにはいるはずです。彼女たちの中には自分の貧乳を自虐ネタにして笑いをとっているツワモノもいますが、ほとんどの場合コンプレックスを笑いに変えることは簡単なことではありません。現実を受け入れる強さが必要だからです。

 

自分にとって不細工な胸が、綺麗な谷間のある豊満なバストへ生まれ変わったらそれこそ死ぬほど嬉しいことでしょう。成長期であればこれから生活習慣を改善することで貧乳が成長する可能性は大いにありますが、10代後半や20代前半の女性は、このまま放置しておいても自然とバストアップすることはまずありません。

 

大人になってからでも胸は大きくなる?!

 

ただ入浴時に映る自分の貧乳を見て死にたいと思うのだけはもうやめてください。なぜなら大人になってからでも胸は大きくなるからです。

 

男性が好む女性の体の部位は人によって様々です。それこそフェチという名があるくらい深い世界ですから。顔の可愛さ、スリム、ムチムチな体、巨乳、色々ありますが、仮に貧乳ガリガリで離れ乳で不細工だったとしても、胸だけ大きくなれば、体はスリム巨乳に生まれ変わります。細身の巨乳は多くの男性が最も好む体型です。

 

自分の体型に悩む女性は、とりあえず胸を大きくすれば、男性の目はガラリと変わります。本当に世界が変わって見えることでしょう。胸の開いた服を着て街中を歩けば、男性の視線を浴び続けます。可愛い不細工関係ありません。これは男性の本能ですから。

 

貧乳と巨乳の目に見えない違い

 

これは目に見える変化です。貧乳と巨乳の違いには目に見えない変化もあります。これは血液中の女性ホルモンの量を調べればわかりますが、貧乳と巨乳とでは体に含まれている女性ホルモンの量が大きく異なります。これは数値ではっきりと知ることができます。

 

婦人科に行けば、血液中に含まれる卵巣ホルモンや、下垂体の卵巣刺激ホルモンの値を調べてもらえます。この目的は卵巣機能が正常に働いているかどうかを調べるものです。女性ホルモンはいわばフェロモンと言い換えることもできます。巨乳の女性が貧乳の女性よりも女らしく感じるのは、この女性ホルモンの量が大きく関係しています。

 

ただ胸に脂肪が多いだけでなんで男にモテるの?男は馬鹿なんじゃないの?と不思議に思われている女性も多いようですが、フェロモンが多い女性が男性を惹きつけるのは当然のことです。厳しいことを言うようですが、貧乳が発する巨乳へのマイナス発言は嫉妬以外の何者でもありません。女性同士の会話なら問題ありませんが、男性の前では自分の評価を下げることにしか繋がらないため気をつけましょう。

 

寝る子は育つ、バストも育つ

 

卵巣が正常であれば、卵巣はどんどん女性ホルモンを作り出し、血液に乗ってバストまで運ばれ、乳腺を刺激して大きくしてくれます。成長期に栄養バランスの取れた食事や早寝早起きが推奨されるのは、卵巣機能を健康に保ち、脳や身長のみならず胸を大きく成長させるためでもあります。

 

貧乳で死にたい、と嘆いている女性の多くは、この成長期において何かしら胸の成長を妨げる行動をとっていた女性がほとんどでしょう。なぜなら胸は本来Cカップ程度なら普通に生活していれば大きくなるものだからです。

 

セクシーな体になりたいなら、とにかく女性ホルモンを増やしてください。女性ホルモンで体の内側から乳腺を刺激しないことには、胸は絶対に大きくなりませんから。現代の医学では貧乳を大きくすることはそれほど難しいことではありません。

 

女が男に胸の大きさで負けるわけがない

 

最近では巨乳のニューハーフもテレビで見かける機会も多くなりました。ニューハーフは元々は男性です。男性ですらホルモン注射によって貧乳から巨乳を手に入れているのです。元々男性よりも女性ホルモンが多い女性が巨乳になれないなんてことはまずあり得ません。

 

貧乳だから死にたい、自殺したい、のではなく、貧乳だから胸を大きくしたい、では胸を大きくするにはどうしたらいい?という思考に切り替えましょう。胸を大きくする方法はあるのですから。

 

ただバストアップすると決めたら、ブラせずに運動したら胸は痩せるのでダイエット中の人は注意してください。
乳腺が発達し始めたら、乳腺を守るために周りに脂肪が増えていくため、続ければ胸に重みを感じるようになるでしょう。バストアップは継続が大切です。数ヶ月後には、本当に死ななくて良かった!と思える日々が待っていることでしょう。バストアップだけに限ったことではありません。幸せになれるかどうかはあなた自身が本当にそうなりたいと思うかどうか、そしてそれを叶えるためにどのような行動を取ったのか、それだけに委ねられているのです。

 

即効性抜群のバストアップサプリはこちら⇒

 

バストアップコラム