貧乳の原因はラクトゲン受容体が無いこと

 

貧乳の原因

 

自分の胸が小さい原因は遺伝や体質だと思っている人が非常に多いですが科学的にはまったく別の原因であることが証明されています。
貧乳の本当の原因はラクトゲン受容体と成長ホルモンのバランスが非常に深く関わってきます。

 

成長ホルモンの分泌は思春期の後半にピークを迎えます。
その後加齢と共に徐々に減少していきますが、実は成人した後も一定量の成長ホルモンは分泌されているのです。

 

バストアップのゴールデンタイムと言われる夜10時〜午前2時の間は成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯です。
個人差はありますが女性はある年齢に達するとバストの乳腺の中にラクトゲン受容体ができあがりそれが成熟したときに成長ホルモンが作用するとバストが大きくなります。

 

女性のバストが最も成長するのは12歳前後だと言われています。
ですがバストの成長には非常に大きな個人差があります。
一体なぜここまで大きな個人差が生まれるのでしょう?

 

バストが大きくならない理由

  • ラクトゲン受容体が成熟していなかった
  • 成長ホルモンが十分に分泌されなかった

 

これらのどちらか一方でも当てはまるとバストは大きくなりません。
バストが大きく成長するためには、成長ホルモンの影響を受けて大きくなる乳腺組織への働きかけが必要ですがその組織の事をラクトゲン受容体と言います。

 

成長ホルモンはバストのみに限らず体のあらゆる部分の成長に関わっています。
成長ホルモンは体の中に存在するそれぞれの組織の中にある受容体と言う組織に働きかけますがバストにはラクトゲン受容体が存在します。

 

ラクトゲン受容体は、一般的には大体10歳から30歳くらいの間に成熟するので成長期が終わった20代ではまだ成熟していない場合があります。
つまり成長ホルモンが最も分泌される10代にはまだラクトゲン受容体が十分に成熟していない場合がありこの時期にバストが大きくならないこともあるのです。

 

そして食生活や睡眠不足などによって成長ホルモンの分泌される時間が少なくなってしまうと本来正常に成長するはずのバストが成長できなくなってしまう場合もあります。
ラクトゲン受容体が成熟する20代以降に成長ホルモンの分泌を促してあげることで飛躍的にバストアップをさせることが出来るのです。

 

バストアップに成功している人たちの使用率が多い、貧乳に効くサプリとしてあらゆる口コミでも評判の高いピンキープラスは年齢を問わず成長期を過ぎても成長ホルモンの分泌を促すことで短期間でバストアップすることができる即効性に特化したサプリメントです。

 

20代や30代、40代過ぎてからでもサプリメントによって成長ホルモンの分泌を促してあげることで2カップ、3カップサイズアップさせることも十分可能です。
バストアップは成長期が終わった時点で終わりなのではなく、諦めた時点で終わりなのです。