高校生 バスト 平均

高校生のバストの平均サイズって?

 

バストサイズというものは女性がとても気にする項目だと思いますが、実際には高校生時代あたりから男性の視線を多く感じたり身体が成熟するために一番意識する時期で衝。しかしバストサイズというものは第二次性徴と共に成長するために実は高校生時代にはすでにほとんどが成長してしまっているために、この辺のバストサイズが大体大人になってからのサイズに決まってしまう傾向にあります。

 

バストサイズの成長は第二次性徴から始まるのですが、速い段階だと小学校後半から成長することも最近では多いみたいです。一昔前にはもっと少なかったのかもしれませんが、しかし栄養環境がよくになるにつれて日本でも成長が早くなってきたり小学生でも胸が大きく発達することも珍しくなくなりました。

 

そういったわけで中学生時代になると益々バストサイズは成長をすることになり、高校生時代には大体の成長は止まりこの辺のサイズが生涯のサイズとなる傾向があります。日本人ということを考慮するのならば比較的サイズ的にはAカップからEカップあたりが高校生のサイズとなっているそうです。

 

この辺のばらつきに関しては個人差もあると思うのですが、それ以上に問題となっているのが思春期に特有のダイエットにあると思います。成長期のダイエットに関しては大人がやるダイエットよりも遥かに問題が多いものとなっており、これによって成長ホルモンや女性ホルモンが出にくくなってしまうと、それだけ正常な胸の成長にも問題が出てしまいます。女性ホルモンに関しては当然バストサイズにも関連してくるので、そういった意味ではやはり高校生時代などに過度なダイエットをしてしまうことはバストサイズにとても影響が出てきてしまうので気を付けるのが望ましいとされています。

 

このように高校生のバストサイズは平均してCカップというものになるのですが、それを気にして過度なダイエットをするのは成長ホルモンや女性ホルモンにとって大人よりも影響が多いので、成長期には食生活や睡眠などがバストには大事となってきます。

 

栄養バランスの取れた食生活や、女性ホルモンが最も分泌される時間帯である午後10時から午前2時にかけての睡眠時間の確保が難しい場合には、成長ホルモンを増やす(促進する)サプリを取り入れてみるのもいいかもしれません。生活習慣やバストへの栄養供給が不足していると乳腺も発達しづらい環境下に置かれます。成長ホルモンを促進することで高校生のバストの平均サイズであるCカップになれた人や、BカップからDカップまで成長した人も少なくありません。

 

なかなか胸が成長しない人は、バストの成長に欠かせない今体に不足している、女性ホルモンや成長ホルモンを補ってみましょう。

 

バストアップコラム