月経周期をコントロールしてバストアップ効果を高めよう!

 

バストアップ効果を高めるためにもバストアップサプリを飲む時期は重要です。
バストアップと女性ホルモンの分泌量はとても深い関係があるため、バストアップサプリの効果を最大限に引き出すためにも、日頃から自分の月経周期を把握しておくことが大切です。

 

女性ホルモンの分泌量は月経周期に合わせて変化しています。
例えば、月経後に急に体が軽くなったり、お肌の調子が良くなったり活動的になるのはエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されているからです。

 

逆に月経直前、肌荒れや過食、イライラに悩まされるのはプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位に働いている証拠です。

 

このように月経の1日目から次の月経の前日までの1サイクルの間に繰り広げられるエストロゲン、プロゲステロンの分泌量の増減に合わせて、女性の心と体は微妙な変化を繰り返しているのです。

 

ちなみに、月経の1サイクルは25〜38日内であれば、問題はないとされています。

 

もう少し詳しく説明してみましょう。

 

月経周期は4つの期間で構成されています。

 

月経が始まって1〜7日目くらいまでの経血と一緒にいらないものを排出する通称「どくぬき期」は、エストロゲンもプロゲステロンも低め安定状態。

 

その後、14日目頃までの生殖を促すエストロゲンの分泌量が上昇するので、体調がよく、ハッピーな気分になりやすいうえ、性欲がアップする「ごきげん期」はエストロゲンの分泌が盛んな時期です。

 

エストロゲンは排卵日をピークに減少、変わって増えてくるのがプロゲステロンです。

 

プロゲステロンが上昇を続ける15〜21日目までがエストロゲンとともに妊娠の維持にかかわるプロゲステロンが分泌され始め体調的には可もなく不可もなくといったニュートラルな状態の「調整期」で、22日目頃からプロゲステロンが低下し、次の月経の前日までがエストロゲンが徐々に減少傾向へ向かう「ためこみ期」となります。

 

エストロゲン、プロゲステロンのメリットを最大化し、デメリットをできる限り軽くするには、各時期ごとの特長に合わせたケアをすることが大切です。

 

バストアップサプリを飲む時期でオススメなのは

 

バストアップサプリを飲む時期は、配合されている成分によってサプリごとに異なります。
基本的にはプエラリアがメインで配合されているサプリメントであれば、エストロゲンの分泌量が増える卵胞期に飲むものがほとんどです。

 

中には卵胞期も黄体期にも飲める飲み分け不要のバストアップサプリもありますので、飲み分けが面倒!という人は飲み分け不要のバストアップサプリを選ぶと良いでしょう。

 

オススメの飲み分け不要のバストアップサプリを2つ

 

 

飲み分け不要のバストアップサプリには、プエラリアが配合されていないハーブ成分メインのものや、プエラリアとハーブを同時配合することで体に優しい仕様になっているものが多いようです。

 

短期間で即効バストアップ!という人は、高純度のプエラリアが配合されているバストアップサプリがおすすめです。
自分の目的や性格に合わせてバストアップサプリを選びましょう。

 

短期間で即効バストアップするサプリはこちら⇒