授乳後 胸 しわしわ

授乳後の胸のしわしわを治して張りを取り戻すには

 

産後・授乳後は女性ホルモンバランスの低下によって、胸は下垂し、しわしわになってしまう人がほとんどです。授乳中に赤ちゃんに乳首を吸われ続けたことで、乳首も伸びて垂れさがり、色も黒ずんでいる女性も多いのではないでしょうか。

 

このように、出産前は胸の大きさや形にもそこそこ自信があった人でも、授乳後はまるで別人のようなしわしわ胸になってしまいます。もちろん女性としての自信はなくなりますが、それに加えて、旦那さんに気を遣われて生活していくのは精神的にもきついものがあります。

 

こういったことが原因で、夜の営みの回数も少しずつ減少していき、夫婦の心の距離感も遠ざかってしまうケースも少なくありません。

 

ただ単に、授乳後の胸が萎んだ、しわしわになった、という個人的な問題だけでは済まされず、産後の胸の形の変化によって、離婚の危機にすら追いやられる危険性も秘めていることを肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

さて、このように授乳後の胸のしわしわは元に戻すことができるのでしょうか?

 

 

しわしわにしぼんだ胸を元に戻す方法

 

授乳後に胸がふにゃふにゃになったり、しわしわに萎んで小さくなったりしてしまう原因は、乳腺の衰退によって引き起こされます。

 

断乳後や卒乳後というのは、とにかくホルモンバランスが不安定になる時期でもあり、体だけでなく心にも影響が出やすくなっています。

 

慢性的な睡眠不足や、授乳が原因で起こるカルシウム不足によってイライラしやすくなってしまう人も多いです。この辺りは旦那さんの理解が必要な時期でもあるため、事前にきちんと話し合っておく必要があります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れるだけで、心身ともに大きなダメージを被ってしまうわけですが、授乳後の胸は放っておくと、自然としわが消えて胸にハリが戻ってくるケースもあります。

 

これは、女性ホルモンのバランスが整ってくると、体もそれに追いつこうと産前の体に戻ろうとする働きが生じるからです。ただ自然に戻るためには、かなりの期間が必要で、人によっては半年〜1年以上かかる場合もあれば、放置したことで一生元に戻らなかった、という人もいるため、万が一に備え、産後・授乳後の胸ケアは絶対にやっておいたほうが良いでしょう。

 

さて、授乳後のしわしわ胸を元に戻す方法ですが、これはそれほど難しいことではありません。結論から言ってしまうと、出産前と同じようなホルモンリズムに戻してあげれば良いのです。

 

胸がしわしわになるほど女性ホルモンが減少しているわけですから、サプリメントなどを上手に利用して、植物性エストロゲンを補ってあげるだけで、体は短期間で驚くほどの回復力を見せてくれます。

 

授乳後の胸を取り戻すのにやりがちなNGな行動

 

授乳後のしわしわおっぱいにびっくりして、多くのママさんはジムエステに通いだしたり、自己流でマッサージを始めたりする方も多いのですが、よく考えてみてください。成長期が終わっているのに、このような外部からの刺激を加えたところで、多少肌にハリは戻っても、乳腺を増やすほどの女性ホルモンを増やすことは不可能です。

 

女性ホルモンを増やす食材を積極的に摂る人もいますが、毎日の食事からだけでは、しわしわになった胸を復活させるほどの女性ホルモンを取り戻すことはできません。

 

努力は報われるという言葉がありますが、一方で無駄な努力という言葉が存在することも忘れてはいけません。意味のない遠回りよりも、授乳の胸に効果のあったバストアップ方法を実践することの方が、賢いやり方と言えるでしょう。

 

女性ホルモン様作用(女性ホルモンと似た働き)のある、植物性エストロゲンは体にもとても優しい成分で、サプリメントなどで毎日の生活に取り入れることによって確実に女性ホルモンを増やすことができます。

 

授乳後の胸を元に戻すコツ

 

授乳後の胸を元に戻すコツは、直接崩れた胸の形を取り戻そうとしないで、まずはその原因となっている体のリズムを整えることが重要です。体のホルモンリズムさえ整えば、次第にしぼんだ胸は復活していきます。

 

補った分の女性ホルモンが乳腺を刺激することで、再び乳腺は大きく成長していきます。
過去、出産後の体型崩れ、授乳後のバストラインの崩れは数えきれないほどの女性が経験していることです。

 

こういった産後・授乳後の貧乳コンプレックスを改善するために必要な、胸にいい栄養素を継続して体に取り入れることで、授乳後の胸にハリを取り戻し、しわしわ胸の悩みを解消することができるのです。

 

授乳後の胸のしわしわを治すのに効果的な栄養素とは⇒

 

バストアップコラム