授乳後の垂れた胸に張りを戻す

授乳後の垂れた胸に張りを戻す方法

 

産後授乳後の胸の垂れを戻す方法

 

女性ホルモンが不足してくると心にも体にも様々な症状が出てきます。
特に出産や授乳後というのはひとまず女性としての役割を終え、一段落した状態にあります。
この状態は妊娠前に比べると女性ホルモンが極端に減少しています。

 

自然に考えれば我が子に授乳するという役目を終えたのでこの時期に女性ホルモンというものは本来必要ありません。とはいえ、それは生物学的なお話でこの現代に生きる女性たちにとってみればそんなものはまったく関係ありません。
子供を産んだからハイ女を捨てます!という考えに至る女性なんてまずいませんよね。

 

妊娠中にはあれほど大きかったバストは授乳後のバストと比べると落差がありすぎて一昔前のバストは幻です。
そしてこのまま何の努力もしなければ胸は一生垂れたままです。

 

なぜなら成長期を終えてしまうと自分の力で女性ホルモンを作り出すことは不可能だからです。

 

貧乳、更年期障害などもその1つですが女性ホルモンの不足が原因で起こる症状は、大抵の場合女性ホルモンをサプリで補ってあげることで解決します。
何を思ってか非常に多くの人たちが自分の胸が小さいのは遺伝や体質のせいだと思い込んでいらっしゃる方が非常に多いです。

 

どこで植え付けられた先入観なのかわかりませんがそれは100%間違った認識です。
卒乳後・断乳後の胸が垂れてしまうのは女性ホルモンの不足が原因で起こる症状です。症状と言えば聞こえはいいかもしれませんが決して一時的なものではありません。今手を打たないと間違いなくバストは垂れたまま、このまま一生を過ごすことになります。

 

 

産後授乳後の垂れた胸に張りを戻すにはどうすればいい?

 

女性は何度も妊娠することが可能ですよね。つまり今どんなに胸が垂れていても数ヵ月後に妊娠すればまたあの頃の張りとツヤのあるバストを手に入れることができます。
しかしそれは一時的なもので、授乳後はまたバストが垂れてしまいます。授乳後は乳腺が衰退するため垂れやすい状態になってしまうのです。

 

妊娠→巨乳→下垂→妊娠→巨乳→下垂・・・
同じことの繰り返しです。ではどうすれば根本的に解決できるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと授乳後に胸が垂れてしまうのは女性ホルモンの不足が原因なので、女性ホルモンをサプリで補ってあげればいいのです。
とは言ってもこの世にはバストアップの為のサプリメントが本当に数え切れない程出回っていてどれを飲めば効果があって、副作用や安全面に関しても素人には到底判断できませんよね。

 

そして残念なことに実際ほとんどの製品に効果はありません。
これはネットの口コミを見れば一目瞭然です。

 

なんで市販のバストアップサプリのほとんどに胸の張りを戻す効果がないの?

 

卒乳後に胸に脂肪つける一番の近道は、バスト周辺に一気に豊胸成分を送り込んであげることです。
なぜならバストが垂れているのは圧倒的な栄養不足によるものだからです。

 

ただ女性ホルモンに直接働きかけるプエラリアにどんなに微量でも不純物が混ざっていると副作用が出てしまうので注意が必要です。
胸の張りを補うサプリとしてプエラリアを選ぶ際には、厳選した最高純度の本物のプエラリアが配合されているものを選ぶ必要があります。

 

2、3千円程度で市販されている非常に安価なプエラリア配合のサプリメントはコスト削減の面から不純物が混ぜられている場合があります。
プエラリアは本来タイ北部の現地の女性が食用としていたほど安全な食べ物なのです。

 

サプリに加工する段階で不純物が混ざってしまうと女性ホルモンに直接作用する段階で副作用が出てしまいます。
安価なサプリの口コミに副作用の書き込みが多いのはこういった理由がほとんどです。

 

そもそもタイ北部でしか採れない希少価値の高い生のプエラリアがそんなに安く手に入るわけがありません。
プエラリアが配合されているサプリを選ぶ際には、安全面に配慮し必ず純度の高いものを選ぶようにしましょう。

 

産後・授乳後に効果のあるバストアップサプリはこちら⇒

 

バストアップコラム